FC2ブログ

山鹿の奥座敷'平山温泉'サイコー!

 2016-08-28
夏休み恒例'子供.孫たち帰省'で頑張った家内の労いとN-BOX+の試運転を兼ねて、山鹿の奥座敷
'平山温泉'に行ってきた

阿蘇神社で交通安全のご祈祷をしてもらった後、赤水から二重峠越えで向かったが、急坂でもストレス無く
上るターボの威力に感激!それに運転席が高く前方が良く見えるので、運転し易さは抜群!
2時間弱の快適なドライブが楽しめた

チェックイン1時間前に到着したが、女将さんの計らいで部屋に通してくれ、ゆっくりくつろぐことができた



部屋は離れ和室の24H掛け流し露天風呂付き!早速大露天風呂で汗を流したが、噂通り
'ツル.ヌル''トロトロ'の泉質に超感動!間違いなくこれまで入った温泉の中ではNO.1だ!
源泉掛け流しで溢れるお湯が勿体ない!





また温まり方が半端じゃなく、湯上り後1時間くらいクーラーで冷やし周りを散歩してみたが、
阿蘇と比べて気温が3~4度高く、早々に部屋に引き上げた

18時からの夕食は部屋食…宿オリジナルの料理はどれも適量で美味しく、夜食のおにぎりまで持ってきてくれ、
宿の心遣いを感じた

夕食が終わり涼みに敷地内を散歩してみたが、やっぱり暑い!阿蘇だったらこの時間は寒いくらいなのに…
阿蘇の涼しさを改めて痛感!







汗を掻いたので今度は部屋風呂に入浴、岩風呂でぬるめなので何時間でも入れそう



翌朝は食事処で朝食、これまた美味しくご飯2膳含めて完食してしまった

この’お宿 湯の蔵’の行き届いたきめ細かいサービスとph9.7の美肌の湯にすっかり虜になり
余韻にひたりながら帰宅についた

お宿 湯の蔵



スポンサーサイト



タグ :

N-BOX+ Custom がやって来た!

 2016-08-20
我が家の足ホンダ'ゼスト'も気がつくと10年目/10万kmを超えそろそろ替え時となった

阿蘇外輪山を登るには軽では厳しいと思い、移住した時点で'フィット'に乗り換えるつもりでいたが、
いざ使ってみると登れないこともないし、逆に市内で使う分には小回りの利く軽の方が便利ということが
分かり4年間乗ってきた

しかしさすがに10年目を超えると消耗部品の交換も多くなって車検代も嵩むし、13年目からは税金も
上がるので、次の車を検討し始めた

ホンダファンの私は勿論次もホンダ車

価格的に変わらない'フィット'も検討したが、使い易さと維持費を考えてNシリーズに絞り
N-BOXとN-oneを比較検討…結果多目的に使えて運転が楽なN-BOXに決めネットで探し始めた

条件は①ディーラーデモ車②ターボ付き③ナビ+バックカメラ付き④衝突軽減自動ブレーキ付き
⑤パールホワイトor2トンカラー色

最初九州中心に探したが条件に合う車がなかなか見つからず、関西まで広げて辛抱強く探した結果、
運良く大阪.箕面のホンダディーラーでN-BOX+を見つけた!

※今回の熊本地震の経験から「大人2人が足を延ばしてゆっくり寝れる」多様性に魅力を感じた!

N-BOX+の多様性(カタログより)


(N-BOX+はたまたま菊陽の中古車センターで見つけN-BOXより更に多目的に使えそうなので
気に入ったモデル。その時は価格が折り合わず断念)

5つの条件を満たし平成27年10月登録、走行3650kmの新古車で一目惚れ!
即見積りを取って価格交渉し、ディーラーを信頼して現物も見ずに即日契約した!
遠方から買うと陸送代がかかるが、それを入れても菊陽で見つけた同仕様の車より20数万安く買え
ラッキーだった

さらに幸運だったのがナンバープレートの番号…現在の車は18-08で偶然にも阿蘇移住日(2011.8.08)と
重なり気に入ってた。
そこで同じ番号を希望しようかと迷ったが、数字ごときにお金を掛けるのは勿体無いと思い止めた

ところが登録後車検証コピーを送ってもらったらまたまた移住日(8日8日熊本へ)が入った80-89‼️
偶然を飛び越して奇跡というしかない数字の巡り合わせに何か不思議な因縁を感じている

実はナンバープレート番号については以前から不思議なことが起こっていた。長年愛用していたBMW650Fから
HARLAY883Lに乗り換えた時も'92-83'から'32-89'と数字の並びが変わっただけの番号だったのだ

HARLAY~ゼスト~N-BOX+とさすがに3回も続くと不思議と数字には縁があるな…と強く感じている

そして本日24日pm納車…25~26日の温泉旅行に使えるようにとディーラー担当者が間に合わせてくれた

運転席に乗車してみると新車の匂いがプンプン









事前に任意保険も加入し、阿蘇神社で交通安全のお祓いも済ませて、すっきりした気持ちで出掛けるつもりだ







タグ :

子供(孫)たちの帰省

 2016-08-15
夏休みは毎年二人の子供と3人の孫たちが阿蘇に帰省するので、我々夫婦にとって一番忙しい季節になる

最初は7月下旬に長男家族(3人)が往復飛行機で5日間の帰省…震災で阿蘇観光地がほぼ全滅のため
家や遊園地でのんびり過ごし、後半2日間は人吉への墓参りと天草一泊旅行に出掛けた










続いて8月上旬娘家族4人が車で6日間の帰省…阿蘇では久住の長湯温泉(ラムネ温泉)と
豊後大野の原尻の滝へ、中間の2日間は婿の弟家族と長崎.伊王島へ海水浴キャンプに出掛けた









毎年の事ではあるが孫たちの成長を見るのが楽しみで、特に家内は普段世話することの少ない
孫たちの好きな料理を作り、子供たちのペースに合わせて夜遅くまで付き合うので、
皆が帰った後は疲れと寝不足でグッタリ!

来年からは年齢を考慮して子供たちにも協力してもらい、少し抑えぎみにしよう





タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫