FC2ブログ

30数年ぶりにギターに挑戦!

 2015-12-17
ある日「人生が変わる1分間の深イイ話」を見てたら、オードリー&ケイトというハーフ姉妹がロックスミスという
PS3ギターゲームを駆使してハードロックを演奏している
とても10歳の少女とは思えないテクニックに唖然!(Youtubeより)



実はその前に阿蘇世界農業遺産フェアに出演していた地元アマチュアバンドの演奏を聴き、バンドをやっていた
学生時代が蘇り、もう一度やってみたいなぁ~と思ったのがキッカケ・・・・

そして決定づけたのは、先日3街区の有志10名で行った忘年会での出来事…ある奥様の「オジサンバンド」の
話がキッカケで盛り上がり、何とその中にバンド経験者が3人もいることが判明・・・・(*_*)
直ぐには無理だから先ずは個々に指慣らしから始めようということになった  認知症予防にもイイらしいし…(笑)

早速以前から目を付けていたレスポールタイプのMaestro by GibsonとVOXリズム機能内蔵ギターアンプ、
それにシールドケーブル、アーニーポールのストラップ、KORGクリック式チューナー、ギタースタンドを手配した
Maestroは、Gibson USAとイシバシ楽器がタッグを組み開発した初心者向けGibson製ギター、
Gibson製ギターは高価で手に入れるのは無理と思っていたが、まさかこんな価格で手に入るとは…







Gibsonの音を継承したハムバッカーピックアップ×2



好みの弦のゲージに合わせられるチューンOマチックブリッジ



Gibsonクラッシックボリューム&トーン



VOXギターアンプは11種のアンプモデルと8種のエフェクトに加え99種類のリズムパターンを内蔵している優れもの



実際に弾いてみると、Gibson特有の太くて乾いたハードなサウンドで、価格を大きく超える音に驚きです😳
使ってる部品やボディの仕上げも素晴らしく、何といっても弾きやすいのがイイ😊

これから1年かけて練習し、再来年のダイワハウス新年会でデビューできたらいいなぁ~



スポンサーサイト



タグ :

パパさん(883L)のユーザー車検

 2015-12-10
パパさん(883L)の車検切れ(1/14)が迫ってきた

業者に頼むかユーザー車検を受けるか悩んだが、どちらにしろ熊本まで持ち込まないと受けられないのでユーザー車検を受けることにした(以前乗っていたBMR車で受けて以来約2年ぶり)

車検は1ヶ月前に受けると有効期間は変わらないが、そうなると次回も12/14以降しか受けられず寒い時期はかなわんので、天気予報を見ながら前倒しして12/9 10:00~ネット予約した次第

これだと1ヶ月分短くなるが、この時期は乗らないし、次回は11/9以降に受けられるので、まだ寒さはマシだと思う

防寒ウェアを着込んで8:30に出発したが、R57阿蘇乙姫の電光掲示板は5度・・・・指先が冷たい(>_<)

それでも大津まで下ると二桁になり、熊本市東区の熊本陸運局に着いた頃には暑いくらいに…

早速申請用紙(70円)に必要事項を記入し、手数料(1700円)重量税(3800円)の印紙を貼り、添付書類を添えて申請して二輪検査場で順番待ち…(今回は2番目だった)



順番が来て先ずは外観検査…(ヘッドライト、ウィンカー、ブレーキランプ、ホーン、ネジの緩み、反射シール) 今回は反射シールのサイズが小さくてNG(>_<)



次に排ガス濃度と排気音の検査…OK

制動力(ブレーキ)検査…OK

ヘッドライトの光軸検査…OK

結局テールランプ下に貼ってある反射シールのみがサイズが小さくてNGだったため、隣の自動車会館にて公認シールを購入し
貼り替えてOK



続いて申請用紙に検査合格印をもらい、自賠責保険(13.270円)を納めたら、めでたくナンバープレートに貼る車検期限シールを
頂いたヽ(^o^)丿



今回は前回の車検から2600kmしか走ってなかったので自己責任で整備点検を行い、しめて18,840円で済んだが、年数や走行距離に応じて12/24ヶ月点検を受けようと思っています

ユーザー車検って以外と簡単に取れるんですよ
国交省のHPにもちゃんと「ユーザー自身が検査手続きを行う方法」が記載されています

検査・登録ガイド

皆さんもチャレンジしてみては・・・・・
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫