FC2ブログ

タイの友人夫妻が阿蘇自宅を訪問

 2014-04-28
4月18日九州旅行中のタイの友人夫妻が阿蘇の自宅を訪ねてくれました。

熊本から別府に向かう途中に寄ってくれたもので、3年振りの再会です。

IMG_9742S.jpg

お土産に素敵なスプーンセットをいただきました(^^♪

お土産スプーンセット2

二人とも日本語が堪能で会話は困らず、また御主人は料理が得意と聞いたので、お昼に予定していた
肥後赤肉ステーキの味付けをしてもらいました。

IMG_9743S.jpg

IMG_9744S.jpg

10時過ぎから13時までの短い滞在でしたが、バンコク滞在時の思い出が蘇り、楽しい時間を過ごすことが
できました。ありがとう(^^)
今回は天気に恵まれず阿蘇の素晴らしさを見せることができなかったけど、また泊まりがけで遊びに来てね。


スポンサーサイト



タグ :

小国町下城地区ドライブ

 2014-04-17
近所の友人夫妻に誘われ小国町下城地区にドライブで出掛けた。

目指すは下城滝と下城大いちょう・・・・国道212号線小国道の駅ゆうステーションから10分ほどの

下城滝駐車場に車を止めて、まずはなべかま滝と下城滝を見学。

滝周辺には遊歩道が設けられゆっくり見学できたが、期待したほどではなかった。

なげかま滝
なべかま滝

下城滝
下城滝

下城滝から5分ほど歩くと下城大いちょうがそびえ立っている。葉が落ちて幹だけだがとにかくデカイ!
幹周り10m、高さ20mの巨木で樹齢は1000年を越えるそうだ。
5月新緑が芽生えてくるともっと大きく感じるだろう。

下城大いちょう

この後第二目的地「遊水峡」に向かったがお昼に差し掛かったので、その先の農家イタリアンの店「菜園の風」で
ランチ・・・・自家製トマトソースとベーコンのパスタ・サラダ・コーヒー付きで1200円。
田園の丘にあってとにかく眺めが素晴らしく、料理も美味しくて、この辺では一押しの店になった。

菜園の風

料理1

食事の後は遊水峡へ・・・・シーズンオフのため下見に留めたが、川全体が岩盤の天然のウォーターシュートで
夏休みの子供の水遊びには安全で最適!次は孫達を連れてこよう!

遊水峡1

遊水峡2

帰りはファームロードわいたから国道387号線に入り、下城地区を1周するドライブを楽しみ、帰途についた。





タグ :

国立阿蘇青少年交流の家敷地を花見散歩

 2014-04-12
仙酔峡道路の中腹にある国立阿蘇青少年交流の家・・・・実は隠れた花見の名所なんです!

広大な敷地には約400本の桜が植えられており、家から10分と近いので毎年花見を楽しんでいます。

今年もきれいに咲きました!

入口の大きなソメイヨシノも満開!バックは阿蘇高岳と中岳
IMG_9695.jpg

広場では研修生がバレーボールを楽しんでいました
IMG_9654.jpg

敷地の外周を埋め尽くす桜のトンネル・・・
IMG_9655.jpg

陽に輝く桜
IMG_9664.jpg

広大な敷地の遠方には大観峰
IMG_9666.jpg

昼寝してたのに・・・・
IMG_9683.jpg

阿蘇でしか見れない光景・・・赤牛と桜
IMG_9673.jpg






タグ :

故郷人吉市の隠れた名泉「華まき温泉」

 2014-04-04
我が故郷人吉市に隠れた名泉があるというので、彼岸の墓参りついでに行ってみました。
その温泉は実家から車で10分程の田園の中にひっそりとたたずむ「華まき温泉」・・・・

華まき温泉3

お風呂は男女の内湯がそれぞれ一つ(1.8×3mの石板張りの浴槽)と4畳半休憩室付きの家族風呂が4つあり、
食堂、無料休憩所も併設されています。

入浴料300円を払って早速入ってみると、温泉成分で焦げ茶に染まった浴槽には無色透明の湯掛け流しの湯、
40度とちょっとぬるめですが1分も経たない内に泡が体にまとわり付きます。

華まき温泉2

華まき温泉1

泉質はナトリュウム炭酸水素塩泉で俗に言うラムネ温泉・・・・血行が良くなり血液中の老廃物を排尿で流して
くれる優れた温泉です。
一般的に炭酸水素塩泉は温度が35度前後と低く、温めると泡が消えるので冷泉が多いのですが、この温泉は
温めても泡が消えず、しかもナトリュウム成分が強いのでぬるぬる・トロトロの湯で、長湯しても疲れない
心からくつろげる温泉です。

ぬるぬるの炭酸泉で、桜の季節になると温泉に浸かりながらの花見・・・・
これまで行った中で最高の温泉でした!

華まき温泉



タグ :

阿蘇高菜漬けに挑戦!

 2014-04-03
阿蘇は今「高菜漬け」の最盛期です。
引っ越してきた頃は、高菜を自分で漬けるたんて夢にも思いませんでしたが、この1年間いろんなことを経験し、
今年は新たに高菜漬けに挑戦しました。

近所の高菜畑で「ご自由にお取り下さい」との看板を見つけ、高菜が手に入るなら自分で漬けてみようと単純な
きっかけからでした。
早速高菜畑に行き、先客のお婆ちゃんに教わりながら葉の部分を半分落として10本を1束にして束ね、取り敢えず
15束分頂きました。その足でホームセンターに寄り20号サイズの漬物桶と5kgの重石を買い、これで準備完了です。

高菜漬けのポイントは塩加減で、一般的には4%と言われていますが、それぞれの家庭の味に合わせて加減するようです。
漬け方は簡単で
①漬物樽の内袋として同大のビニール袋を用意する。
②1束を塩もみし漬物樽の中のビニール袋に隙間なく敷き詰める。(1段目)

写真49-1束ね

写真49-2塩揉み

写真49-3塩揉み後

③その上に塩と鷹の爪を適量に振りかける。
④①②を繰り返し2段目~N段目と漬けこむ。

写真49-4漬け込み

⑤抑え蓋で抑えその上に重石を乗せる。
⑥1日経ってきれいな水が出てきたら完璧、水が出なかったら重石を追加する。
⑦2~3日で食べごろになったら取り出して冷蔵庫で保管する。

写真49-5高菜新漬け出来上がり


今年は計2回(7kg)漬けましたが、初めてにしては上々の出来でした。
この経験を機に、我が家の自家製高菜漬けの味を追求し、来年からは子供達にも送ってあげれるよう
頑張りたいと思います。





タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫